ペットフード

アレルギーのペットのタンパク源

オオハシオニコです。

 

APNAのペット食育講座を受講される理由のひとつに

飼い主さん
飼い主さん
うちのこアレルギーで

というのがあります。

病院で診断がついているこもいれば、この食材が入っているフードを食べた時になったので経験的にそうではないかと考えられるこもいます。

診断方法や治療はさておき、ごはん選びに苦労するということはみなさん共通ですね。アレルギー源になるのはタンパク質なので、アレルギー用ごはんはタンパク濃度を抑えているものが多く、たくさんタンパク質をとる必要がある

  • アレルギーだけど腸炎
  • アレルギーだけど関節炎
  • アレルギーだけど成長期

のようなこは、特にお悩みのことが多いようです。

 

ものすごくざっくりいうと、タンパク質は大きく

  • 小麦

系統にわけられ、どれかが×でどれかが△、そしてひとつはとりあえず〇です。

ですから、とりあえずの〇のタンパク質を見極め、重点的にそれをあげることになります。

肉が〇なら鶏肉や卵、魚が〇ならタラやシャケ、そして小麦が〇ならマカロニ、がおすすめです。

たとえば豚肉とシャケに強いアレルギー反応がでてしまうようであれば、動物性タンパク質を抑えたフードに、マカロニや豆腐でタンパク質を補給します。

 

最近はちゅーるもアレルギーに配慮しているシリーズが人気ですね。
自己判断でアレルギーと考えていると、最後には食べるものがなくなってしまう、あるある事件があります。ぜひ一度は動物病院で、アレルギー検査(リンパ球反応性試験)を受けてみてくださいね。

 

こちらもおすすめです
no image ペットフード

ペットの処方食を変える方法:プロが解説

2019年10月6日
ペットのごはん☆オオハシオニコ
10月を無事に迎えました獣医のオオハシオニコです。 何が無事かといいますと、大病したとかではなく9月30日が本当に本当に本当に忙しかったからです。 何にそんなに忙しかったかと言 …